睡眠について

睡眠時間は症状の回復、メンテナンスに最も大切と言えます。

運動、食事はもちろん大切ですが、睡眠時間を犠牲にしての運動は本末転倒です。

​現代では「睡眠の質」を図るツールが沢山あり睡眠の質を良くすること、睡眠の質を大切に考える方が多いですが、

まずは「質よりも量」が大切です。

物理的な不足時間は質では補う事はできないのです。

「1日7時間から8時間」の睡眠が必要です。

睡眠時間の低下によって

「太りやすく、疲れやすく、仕事の効率が落ち、寿命は短くなること」

が研究で明らかになっております。 つまり1日7時間から8時間寝るだけでこの逆の効果

「仕事の効率が上がり、痩せ、疲れにくくなり、寿命がのびる」

 

のです。

寝付きの良し悪しは個人差がありますので、8時間を目指してベットの入れれば大丈夫です。

これはおそらく最も簡単で安い健康法であり、誰もが今日から実践可能です。 難しい知識も、商品も必要ありません。

簡単な注意点としては、午後のカフェイン摂取やアルコールは睡眠の妨げになりますので注意してください。

​元気に9時5時(睡眠時間午後9時から午前5時)の生活を心がけてください。

詳細は 「根こそぎ「疲れ」が取れる究極の健康法」